HOME > ホメオパシーについて > セルフケアの範疇

セルフケアの範疇について

セルフケアで可能なのは急性症状の場合のみです

基本キットを買って、ホメオパシーの本も買ったから自分で何でも出来る! と思う方がたま〜にいらっしゃいますが、それは幻想です。

お薦めは紙で指切ったときにCalen. 30Cなめるとか、軽度のやけどの時にまずは耐えられるくらいの熱さの熱に再度幹部をさらした後に、Canth. 30Cをリピートするとかですね(私の個人的体験ですが、コピー用紙で指を切ったときにキットのCalen. 30Cを口に放り込んだら、その瞬間、ピタっと開いていた傷口が閉じました! ←夜になって傷が再び開いたので、その時点でリピートしました)。
傷んだ果物食べて気持ち悪いんだけど何も出せない時とかもキットのレメディーで対処できますが、本に書いてあるレメディーが正解かというとそうでもなかったりします(実際、「傷んだ果物食べたときに」と書いてあるレメディーとっても私のは場合は全く変化なしでしたが、別のレメディーとったら猛烈な嘔吐をしました)。自分の症状と本に書いてあるレメディーの症状像が似ているものを選ぶのがコツです。

急性症状でも花粉症などは慢性病のベースがあるので、セルフケアの範疇を超えてます。
慢性病は完全にプロの範疇です。
プロは症状をみることは勿論ですが、その方の家族歴や生い立ちなど色々な話を伺って総合的にレメディーを選びます。